柴犬がドッグフードを食べない理由とおすすめなドッグフードの選び方

柴犬がドッグフードを食べない理由とおすすめなドッグフードの選び方

「飼っている柴犬がドッグフードを食べてくれない」

とお悩みの方も多いのではないのでしょうか。

ここでは、柴犬がドッグフードを食べてくれない理由について書いています。

この記事を読めばあなたも柴犬がなぜドッグフードを食べてくれないかを理解できます。

さとこ(困った)

栄養を考えて与えているのに、食べてくれない・・・

柴犬がドッグフードを食べない主な原因

柴犬がドッグフードを食べない理由は主に4つあります。

  1. 病気
  2. ストレス
  3. 偏食
  4. おやつの与えすぎ

などがありますが、この記事では病気以外の理由について解説していきます。

柴犬はドッグフードの好き嫌いがはっきりしている犬種なので、ドッグフードへの食いつきが悪いことがあります。

柴犬の理解を深めて正しいドッグフードの与え方をしましょう。

ストレスを抱えている

柴犬に限らず、犬はストレスが理由でドッグフードを食べなくなることが多いです。

柴犬は比較的ストレスに強い犬種と言われています。

しかし、れでも環境の変化や、飼い主さんに構ってもらえない日が続くと、ストレスを溜め込んでしまいます。

とくに引っ越し、飼い主さんの長時間不在は影響が大きいと言われています。

引っ越した際には餌や容器はこれまでと同じものを使用すると良いです。

また、飼い主のお出かけで構ってあげられない時は、出かける前に出来るだけ遊んであげましょう。

さとこ(困った)

ストレスがあったかもしれない

甘やかしている、愛犬が好きな物だけを与えている

愛犬にドッグフードを与えた時に食いつきが悪いからと言って、すぐに栄養素を考えないで、食いつきが良いだけドッグフードを変えたりしていませんか?

実はそれは逆効果です。

柴犬は犬の中でも賢い犬種です。

愛犬の食いつきが悪いからといってすぐに、好きなものだけを与えていると

「これを食べなければ、好きなものをもらえる!」

と愛犬は思っているでしょう。

愛犬が好きな物が、栄養バランスのとれたドッグフードであれば良いですが、

そうでない場合は、それしか食べなくなってしまうため注意が必要です。

食いつきが悪くても2、3日様子を見ると食べるようになることが多いで、根気よく与えるようにしてください。

さとこ(困った)

確かに甘やかしていたかも・・・・

おやつのあたえすぎ

このパターンが一番多いかもしれません。

おやつの与えすぎ等でドッグフード以外の何かを期待してしまい、それを貰うまでドッグフードを食べないというパターンです。

柴犬は賢いです。

ドッグフードを食べないから、代わりにおやつを与えたり、ご褒美のおやつを過剰に与えると「食べなければもっといいことがある」と学習するようになります。

愛犬がドッグフードを食べなくなったら、おやつをあげたい気持ちをこらえて様子をみることも重要です。

さとこ(困った)

どうしてもおやつを上げてしまう・・・・

柴犬がドッグフードを食べないときのおすすめ対処法

愛犬がドックフードを食べないのであれば、ドッグフード自体に原因がある可能性もあります。

人工添加物や粗悪な食材をたくさん使っている低品質なドッグフードを食べ続けていると体や皮膚に不調を感じやすくなります。

ドッグフード自体が原因の可能性がある場合は少しずつ、高品質なドッグフードに切り替えてみましょう。

ここでは、柴犬に必要な栄養素や柴犬がかかりやすい病気予防をまとめています。

運動量の多い柴犬には高タンパク、低脂肪、低カロリーが大切

柴犬はとても活発な犬種です。

運動量も多く、散歩も1日1時間が理想と言われているほどです。

しかし、丸っこい柴犬も多いですよね。

これは、運動不足と飼い主が甘やかしすぎて、ご飯をたくさんあげすぎているのが原因と言われています。

肥満を予防するためにも普段からたくさん運動をさせ、高タンパク・低脂肪・低カロリーの食事を取らせてあげましょう。

さとこ(ポイント)

運動量が多いのに肥満ぎみなのは、このことが原因だったんですね!

柴犬のかかりやすい病気ケアを意識して選ぶ

柴犬は皮膚病や白内障や角膜炎といった目の病気にかかりやすいです。

皮膚病対策には、アレルゲンを避ける無添加商品や必須脂肪酸が配合されたドッグフードがおすすめです。

目の病気には、栄養バランスに優れた低脂肪のドッグフードがおすすめです。

また、目に効果的だと言われるビタミンEやビタミンB2が含まれているとなお良いです。

さとこ(ポイント)

かかりやすい病気にもしっかり対応したご飯が大切ですね!

骨や関節のケアには動物性たんぱく質+サポート成分を意識する

柴犬はとても活発なので、骨や関節を痛めることが多いので、ドッグフードで骨や関節のケアをすると良いです。

骨のケアといえばカルシウムと思う人も多いと思います。

カルシウムだけではなく良質な動物性たんぱく質とグルコサミンやコンドロイチンの含まれたドッグフードを与えましょう。

さとこ(ポイント)

たくさん運動するから、骨や関節のケアも必要ですね!

まとめ

柴犬がドッグフードを食べない理由とおすすめの対処法について説明をしてきました。

可愛い愛犬なのでたくさん甘やかしたいですよね?

しかし、甘やかしすぎは愛犬のためになりません。

愛犬がドッグフードを食べなくなったらドッグフード自体や食事のあげ方をケアしてあげてください。

活発な柴犬には、「モグキューブ」がおすすめです。

フリーズドライドッグフード『モグキューブ』をもっと知りたい方はコチラからどうぞ

さとこ(うれしい)

ありがとうございました!

モグキューブの口コミ評価から分かったこと