愛犬の老化予防サプリ『ワンドリア』が選ばれる理由とは!?


ワンドリアってどんなサプリ?

愛犬にいつまでも元気でいて欲しい!

飼い主ならどなたもそう思われていると思います。

そんな思いに答えるために、直接遺伝子に働きかけ、エネルギーを作りだすミトコンドリアの質と量に注目して完成したのが、獣医師もおすすめする愛犬の老化を予防するサプリ「ワンドリア」です。

今回はそんな「ワンドリア」が選ばれる理由をまとめてみました。

ワンドリア獣医学の三浦博士が作ったサプリ

ワンドリアを作られた三浦直樹博士(獣医学)は、大学院生時代に中島利博教授のシノビリオン研究に参加し、シノビリオン阻害剤のミトコンドリア活性の研究を共同で行なっていました。

海外留学時には動物の関節炎、循環器疾患や腫瘍の研究を行い、動物と人の絆を最も大切に考え臨床をされています。

ワンドリアは、三浦直樹准教授と中島利博教授のお二人が獣医学と医学の観点から作ったサプリです。

 ワンドリアはミトコンドリアに注目したサプリ

ミトコンドリアの働きが弱まり、体に必要なエネルギーが不足してしまうと、代謝が悪くなり疲れやすくなり免疫力が低下するなどの体の不調につながります。

ミトコンドリアは多くのエネルギーを作り出す役割があり、加齢によって年々減少し活力も同時に低下します。

そんな生命維持に欠かせないミトコンドリアに注目したのがワンドリアです。

ワンドリアの4つの成分は!?

ワンドリアはミトコンドリアの量と質に着目し、愛犬に必要な成分をふんだんに配合せれています。

愛犬の元気を持続させるために必要な4つの黄杞葉、マンゴージンジャー、ヒハツ、ウコンの成分が配合せれているので、4つの成分を詳しくご紹介していきます。

黄杞葉【抗酸化作用・抗アレルギー作用・生活 習慣病対策】

黄杞葉は中国南部に自生しているクルミ科の黄杞の葉で、中国では僧侶の健康茶として1000年の歴史があります。

アスチルピンが成分に含まれていることで、抗酸化作用と抗アレルギー作用があるのが大きな特徴で、アスチルピンはフラボノイドの一種です。

黄杞葉は生活習慣病にも効果があります。

マンゴージンジャー【脂肪分解促進・脂肪蓄積 抑制】

マンゴージンジャーは根茎部分は太く円筒状で、生マンゴーのような香りと生姜の風味を持つ事でが名前の由来になってます。

インドでは根茎を漬物や香辛野菜として利用されています。

マンゴージンジャーには脂肪細胞が蓄えた脂肪をエネルギー源として消費する作用があります。

また、ダイエット効果もあり脂肪蓄積を抑制することでも知られています。

ヒハツ【体を温める】

ヒハツは東南アジアに分布しているコショウ科の植物です。

栄養素の吸収を高める効果があることが知られ、体を温める作用が期待されます。

体を温める効果のあるヒハツにはピペリンが含まれているので、血管を拡張させ血流をよくする効果があるので、体の芯からポカポカと温めてくれます。

ウコン【抗炎症作用・抗酸化作用・肝臓保護・ 胃腸系増強剤】

ウコンは紀元前970年頃には東インド地方で栽培が始まったと考えられています。

現在ではカレー粉やたくあんの着色料などの食用として使用せれる他、生薬などに用いられています。

ウコンのクルクミンには肝臓を保護する力があり、肝障害や肝硬変を抑制する働きもあります。

また、ルクミンには脂質代謝改善に効果が高く動脈硬化や心筋梗塞などの予防にも役立ちます。

まとめ

愛犬の老化予防に効果のあるワンドリアが選ばれる理由と、4つの成分とミトコンドリアの増殖し活発化することに着目している点などをまとめてきました。

愛犬にはいつまでも元気でいて欲しい!

そんな飼い主の思いに答えてくれるサプリです。

犬用サプリ【ワンドリア】についてもっと詳しく知りたい方はコチラからどうぞ

シニア犬向け「ピッコロ」ドッグフードのリアルな口コミから分かったことは?