犬用サプリメントの選び方と与え方について

犬用サプリメントの選び方と与え方について

「どんなサプリメントを選べばいいの?」

「与え方はどうすればいいの?」

ここでは、愛犬用のサプリメントの選び方や与え方悩まれている方へアドバイスしています。

愛犬の「栄養のため」、「病気を防ぐため」に犬用サプリメントは必要です。

この記事を読めば、犬用サプリメントの選び方と与え方が理解できることでしょう。

犬用サプリメントの選び方は?

犬用サプリメントは「目的に合った必要なものだけ」を選び、「アレルギーや薬との服用を確認すること」が必要です。

犬には個体差があり、ドッグフードだけでは完全な栄養を取るのは難しいです。

そのため、不足しがちな栄養の補助、病気を予防するために、専門の獣医師も用途に合わせ、サプリメントを使用することをおすすめしています。

サプリメントは愛犬の目的に合ったものを選ぶ

犬用サプリメントは「目的に合った必要なものだけ」を選ぶことが最も重要です。

色んな種類があるからといって、様々なサプリメントに手を出さず、本当に必要なものだけを与えることが大切です。

むやみやたらにあげすぎると、効果が得られないだけではなく、逆に体の負担になってしまう可能性があるので注意が必要です。

例えば、子犬のうちから元気な体作りのためにカルシウムが入ったのものをあげる飼い主さんもいれば、シニア犬になってから関節痛などの痛みを和らげるために与える方もいます。

以上のことから、愛犬によって、必要としているサプリメントを選びましょう。

犬用サプリメントはアレルギーや薬との服用を確認

アレルギーを持っている愛犬に与える場合には、必ず成分表示を確認しましょう。

また、病気で薬を使っている場合にもサプリメントとの併用に注意が必要です。

何らかの病気やケガがあり、薬を使っていたり、治療をしていると、サプリメントの内容物と薬が影響しあってしまうことがあります。

サプリメントを薬と一緒に使用しても大丈夫かまずは確認しましょう。

犬用サプリメントを栄養素や成分で選ぶ

目的、機能別のサプリメント例は以下になります。

  • 老化予防には、EPA、DHA、コエンザイムQ10
  • 関節には、グルコサミン、コンドロイチン
  • 目には、ルテイン、ベータカロチン
  • 肝臓機能には、S-アデノシル、メチオニン
  • 心臓には、L-カルニチン、コエンザイムQ-10
  • 被毛、皮膚には、ビタミンE、セサミン、ビオチン
  • 免疫力アップには、アガリスク、メシマコブ、DHA、EPA、ビオチン
  • ダイエットには、カルニチン、アルギニン

犬用サプリメントの与え方

犬用サプリメントの与え方は、愛犬に必要なものだけを体調、体重に合わせて、目安量を与えましょう。

なぜなら、犬用サプリメントは、日々の生活習慣の中での栄養補給やバランスを整える健康サポートが目的です。

また、サプリメントは薬品ではなく、栄養補助食品なので、即効性はないので、適切な期間・分量をきっちり守って与えてあげましょう。

愛犬が元気でいるために、サプリメントで手助けしてあげましょう。

犬用サプリメントの基本的な与え方

基本的には、ご飯に混ぜてあげましょう。

それは、犬用サプリメントは愛犬が食べやすい味になっていることが多いからです。

サプリメントによっては、カプセルに入っているものもあるので、カプセルから出してご飯に振りかけてあげるのもいいですね。

犬用サプリメントを食べてくれないときの対処方

愛犬がサプリメントを食べてくれないときは、薬と同様に口をあけさて、与えることになります。

また、おやつを与えず、食餌の出しっぱなしをやめ、愛犬がおなかを空かせて食べさせる手もあります。

しかし、愛犬のストレスを考えると、食べてくれないときには、別の種類のサプリメントに変えるのも1つの方法です。

犬用サプリメントは必ず継続的に与える

サプリメントというものは即効性がないため、基本的に長期間与えることがとても重要です。

1日や1週間程度ではなく、長期間継続して飲むことで効果が出てくるものです。

必要な栄養素を見極めて、継続的に与えていきましょう。

サプリメントを摂取する事を習慣づけし、続けていくことが愛犬の健康のためにできることだと思います。

まとめ

犬用サプリメントは健康維持、元気でいるために役立つものです。

愛犬に合った本当に必要なサプリメントを選びましょう。

自分で選ぶのが不安な人は獣医やペット栄養管理士のいるペットショップ等で相談しましょう。