猫の食物アレルギーの症状と原因と対処方

猫の食物アレルギーの症状と原因と対処法

猫にアレルギー?と思う方もいますが人間同様にアレルギーを発症してしまいます。

必ずしも発症してしまうわけではなく、キャットフードにこだわったり日頃の愛猫の体調をしっかりとみてあげましょう。

愛猫がアレルギーを起こしてしまわないように対処法をご紹介をいたします。

猫の食物アレルギーの症状と原因

人間のアレルギーは様々な症状が現れます。

猫も人間と同じように食物アレルギーになります。

猫がアレルギーにかかってしまうとどのような症状が出てしまうのか?

アレルギーが起きてしまう原因と対処法をお教えします。

猫のアレルギーの症状(下痢、嘔吐、皮膚炎)

アレルギー症状の大半は下痢や嘔吐、皮膚炎です。

キャットフードによるアレルギー等発症で下痢と嘔吐を繰り返してしまいます。

さらには皮膚炎発症で毛がなくなってしまって酷い場合、肌が赤く腫れただれてしまいます。

かゆみがある為見ていない所でかいてしまって脱毛部分が広がってしまいます。

場所によっては目の周りに出てしまってかきむしり目に傷が入ってしまうこともあります。

アレルギーによっては発熱や発疹、外耳炎、膿皮症等の症状が現れますので、日ごろから愛猫の体調をしっかりと見守りましょう。

猫の食物アレルギーの原因はタンパク質

アレルギーの原因の一つはお肉や穀物に含まれているタンパク質です。

肉食の猫がタンパク質によるアレルギーを起こしてしまうとキャットフードの見直しが必要になります。

個体差にもよりますが、お肉がだめでも魚が食べられたり、魚は食べられないけど羊肉なら食べられるなどの個体差もあります。

お肉によるタンパク質でのアレルギーもありますが、穀物によるアレルギーも多いです。

市販のキャットフードにはかさましの為の穀物が多く含まれています。

肉食の猫には穀物は不要です。

その穀物が多く含まれていると便秘や嘔吐の原因にも繋がります。

基本的に市販のキャットフードにはお肉がたくさん使われているので、アレルギーを発症してしまった愛猫には与えないようにしましょう。

猫の食物アレルギーの予防方法、対処法

嘔吐や下痢、剥げてきたかな?と感じたらすぐに動物病院に行きましょう。

子猫時代からアレルギーにかかっていたり、成猫になってから発症してしまう子もいます。

動物病院で発症するか分からない場合はアレルギー検査を受けることができます。

獣医に相談をして、低アレルゲンのキャットフードに切り替える

かかりつけの獣医師に愛猫の体調やアレルギーに関して相談をしましょう。

低単価でたくさん入っているキャットフードにはアレルギーになりやすい、アレルギーを起こしてしまう原因が沢山あります。

アレルギー用のキャットフードもありますのでしっかりと獣医師と相談をして、愛猫の様子を見ながら与えるようにしましょう。

自己判断で与えてしまうと愛猫の寿命を縮めてしまうこともありますので注意をしましょう。

タンパク質の少ないキャットフード選び

市販の安いキャットフードは避け、タンパク質の少ないキャットフードを選びましょう。

〇〇〇ミールや白身魚などはたんぱく源が特定できないものを使用しているので原材料をしっかりと確認しましょう。

チキンミールの様にタンパク質が特定できるものは大丈夫です。

穀物が多く含まれているキャットフードも避けるようにしましょう。

グレンフリー、グルテンフリー、無添加のキャットフードを選ぶ

穀物が使用されていないプレミアムフードではグレンフリーやグルテンフリーなど穀物を一切使用していないキャットフードが販売されています。

魚でのアレルギーがないのであればモグニャンなどの魚メインのキャットフードが良いでしょう。

動物病院で販売されているロイヤルカナンやヒルズなどもおススメです。

金額は市販のキャットフードに比べると少し高いですが、アレルギーでつらい思いをさせない為と考えるのであれば痛くない出費ではないでしょうか?


まとめ

アレルギーは猫の個体差によって変わってきます。

早めの検査と獣医師にしっかりと相談をして愛猫に合ったキャットフード選びを心がけましょう。

アレルギーを発症してしまうとケアが大変ですが、愛猫と長く一緒に居るために普段からのキャットフードも気にして選んであげましょう。

「モグニャン」の良い口コミと悪い口コミから分かったおすすめポイント